「追加緩和すれば効果抜群」元日銀審議委員・中原伸之氏:朝日新聞デジタル

http://digital.asahi.com/articles/ASJ6956RFJ69ULFA01F.html

■金融政策 私の視点

日本銀行は15、16日に金融政策決定会合を開く。安倍政権が消費税率引き上げの再延期を決めたことで、日銀の金融政策に変化はあるのか。積極的な金融緩和論者で、安倍晋三首相の経済ブレーンとして知られる元日銀審議委員の中原伸之氏(81)に今後の展望をきいた。

金融政策 私の視点
――安倍政権が消費増税の再延期を決めました。

「極めて正しい判断だ。過去の政権が消費税を導入したり引き上げたりした時も景気は失速したが、2014年4月に消費税率を8%に上げた後、ここまで消費が落ち込むとは想像しなかった。個人消費はいったん落ちると、なかなか元に戻らない。政治の合意も大事だが、経済情勢は無視すべきではない」

――消費税率を引き上げられる情勢ではないですか。

「安倍政権が不幸だったのは、逆風のなかで障害物競走を走らされたこと。13年4月に異次元の金融緩和を始めてからわずか1年後に消費増税の高いハードルがあり、さらに今は中国経済の減速という逆風が吹いている。上海の株式売買代金はこの1年で9割も減った。中国の経済発展の結果、造船や鉄などは供給過剰なうえ、新幹線やスマートフォンなどの先端分野でも世界的な価格競争が激しくなっていて、景気は大きく下ぶれる恐れがある」

――消費増税を先送りすることで、財政再建が遅れる心配はありませんか。

「『二兎(にと)追うものは一兎(いっと)をも得ず』と言う。財政再建を急ぎすぎると、経済は必ずダメになる。いまは経済を建て直すほうが先決だ」

「名目成長率が名目の長期金利を上回っていれば、政府債務残高の対GDP比率を押し下げる効果がある。この比率は基礎的財政収支と並んで重要な指標だ。長期金利がマイナスにまで下がったことは、低い成長率の下で政府債務の対GDP比率が膨らむのを抑える役割を果たしている」

――日銀は3年以上も大規模な金融緩和を続けながら、物価上昇率2%の目標を達成できず、4月はマイナス0・3%でした。

「日銀は生鮮食品を除いた値を基準にするが、ここからさらにエネルギーも除くと、物価上昇率は1%前後まで上がっている。日本の低い成長率を考えても、まあまあよく頑張ったと言えるのではないか。私は2%に達するのはなかなか難しいと思うし、こだわる必要もないと思う。目標を掲げるのは大事だが、実際にいつ達成するかは環境にもよるので、あまり気をもむ必要はない」

――2月に導入したマイナス金利政策の評判が芳しくありませんね。

「友人からは『貯金の利息で孫に小遣いをやる楽しみがなくなった』という愚痴を聞いた。日本では初めての体験ということもあって、効果がどう表れるかは最低1年くらいは見てみないとわからないだろう」

――消費増税が先送りされたのなら、金融政策は今のままでいいと考えますか。

「いや、むしろ消費増税という障害が取り払われたことで、次の引き上げまでの3年余りは晴れ間を迎えるはず。この時間を有効に使うことが大切だ。アベノミクスの3本の矢を建て直すためにも、号砲一発、今こそ思い切った追加緩和を打つべきだ。障害がない分、効果は抜群に表れるはずだ」

――どんな追加緩和が考えられますか。

「国債を買い増すペースをいまの年間80兆円から100兆円くらいに増やし、投資や消費を刺激して反応をみるのがいいと思う」

――国債を買える量には限界がありませんか。

「いま350兆円の保有国債は、結果的には600兆円くらいまでなら増やせるかもしれない。もしも買えなくなったら、社債とかETF(上場投資信託)とか、他の資産に切り替えてもいい。それは買えなくなったときに考えればいい」

――それで日本の景気はよくなりますか。

「経済が底割れしないよう下支えするために模索するのが今の金融政策の役割で、それだけで景気を上向かせるには限界があるのは当然だ。大事なのは金融政策で時間稼ぎをする間に、第3の矢として国の生産性を高めること。労働力人口が減る一方の日本では、IT技能の高い人材を育てて増やし、非製造業部門などに応用することに意味がある。人工知能(AI)やフィンテックなどの活用に向け、今こそ積極的に手を打つべきだ」

なかはら・のぶゆき 1934年生まれ。東大経卒、米ハーバード大院修了。東亜燃料工業(現東燃ゼネラル石油)社長を経て98~02年に日銀審議委員。02~05年に金融庁顧問。(聞き手・藤田知也)


インタビューに応じる中原伸之・元日銀審議委員=都内

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s