[FT]ソフトバンク、米市場攻略の勝算

(2012年10月16日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 ソフトバンクの孫正義社長は、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを買収し多額の負債を抱えたことを懸念する投資家の心情に理解を示した。

 

■「挑戦を避ける」方がリスク

 

スプリント・ネクステル買収を発表したソフトバンクの孫社長(10月15日、東京)=ロイター
画像の拡大

スプリント・ネクステル買収を発表したソフトバンクの孫社長(10月15日、東京)=ロイター

 

 ソフトバンクの株価は201億ドル規模の買収が報道された12日に17%、15日にはさらに5.3%下落して2268円となった。

 孫社長は15日、買収が「簡単なことではない」と認め「多くの投資家の気持ちが分かる」と述べた。

 だが、孫社長自身は同じ懸念を持ってはいないようだ。手元資金7000億円と1兆5000億円を超える銀行からのつなぎ融資を利用したものの、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)に対する純有利子負債の比率は2.7倍にすぎないと同氏は指摘する。2006年の英ボーダフォン日本法人買収時は5.6倍だった。

 それ以来「当社は成熟し非常に慎重になった」と孫社長は話す。同氏は、その後営業利益が7期連続で過去最高を更新したことがそれを示しているという。

 むしろ今は「挑戦することを避ける」方がリスクが大きいという。

 ソフトバンクが米国で試練に直面するのは確実だ。同社は今回の買収で、国内携帯電話3位から連結売上高810億ドル、契約数9600万件の世界トップクラスの通信企業になる。だが、スプリントの米国での市場シェアは16%と、ベライゾン・ワイヤレスの32%、AT&Tワイヤレスの30%に水をあけられており、買収だけではシェアは高まらない。

 孫社長によると、スプリントはソフトバンクによる財務面・戦略面での支援により、競合他社に対抗し米携帯電話市場の再編に重要な役割を果たす能力が高まるという。

 

■日本の体験を米国で再現

 

 孫社長は「携帯電話大手2社が市場が独占しているということは、挑戦者にかつてないほどの機会があるということだ」とし、市場で独占的地位を占めていたNTTドコモとKDDIに挑戦した際の「日本での体験を米国でも再現できる」と話す。

 日本では、最初は弱小企業だったソフトバンクは、長年の業界の慣習を拒み、日本の携帯電話業界を再編することで契約者を取り込んだ。

例えば、同社はボーダフォン買収後、「携帯電話端末の販売方法から業界を変えた」とマッコーリー証券の通信アナリスト、ネイサン・ラムラー氏は指摘する。従来は、日本の携帯電話端末には携帯電話事業者が多額の販売奨励金を支払い、事業者は高い通信料金を請求していた。しかしソフトバンクは奨励金を縮小して端末の分割払いを導入する一方で通信料を引き下げることで、他の通信会社からの乗り換えを促した。

 もう1つの重要な成功は08年に日本で初めて米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売を開始したことだ。これにより契約数は07年の1700万件から今年は3000万件に増加し、携帯電話事業のEBITDAはこの4年間、年平均15%増加している。

 スプリントのダン・ヘッセ最高経営責任者(CEO)は「ソフトバンクの日本での成功から学ぶことがある」と話す。

 孫社長は、スプリントはブランド構築や通信網の改善、契約者の増加のために独自のプログラムに取り組んでいるが、ボーダフォンなどの業績不振企業を再建したソフトバンクの経験がスプリントの立て直しを加速すると主張する。

 

■高速通信網の技術を生かす

 

 また、ソフトバンクの通信速度は実質的に日本最速としており、モバイルブロードバンド技術は最新の通信網を整備中のスプリントにメリットをもたらすだろうとみている。

 高速通信網はiPhoneなどのスマートフォンを普及させる上で不可欠だ。

 米国は世界最大のスマートフォン市場だが、通信速度は日本の半分ほどだという。

 ソフトバンクはスプリントを通じて、高速通信網の構築と運用に自社の技術を持ち込むことで、力強い成長が予想されるモバイルブロードバンドサービスの米国市場から利益を得ようとしている。

 マッコーリーのラムラー氏は「米国の一部地域では、モバイルブロードバンドはまだ成長の初期段階にあるため、ビジネスチャンスは非常に大きい」とみている。

 

■「シナジー実現まで数年かかる」

 

 孫社長は買収の理由と、スマートフォンの成長により米国市場で大きな利益をあげる見通しに自信を持っているが、投資家の反応は悪かった。

 ソフトバンクには過去の買収の実績があり、戦略を見直すことでスプリントの市場での地位と企業価値を高められる可能性があるが、「シナジーが実現するまでには数年かかる」とゴールドマン・サックス証券のアナリスト、松橋郁夫氏はみている。

 

By Michiyo Nakamoto

(c) The Financial Times Limited 2012. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

2012/10/16 14:00

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV16002_W2A011C1000000/

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s