[FT]スペインに苦難を強いる政治の失態(社説)

(2012年7月25日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 公的債務負担がユーロ圏の平均を大きく下回っているにもかかわらず、国債利回りがユーロ導入後の最高水準を更新し続けていることに、スペインがいら立ちを募らせるのは無理もない。

■経済にはうまく対処、政治では失策続き

スペイン政府は不可解なほど性急に赤字削減に取り組んでいる(7月24日、マドリッドで緊縮策に抗議する人物)=ロイター

スペイン政府は不可解なほど性急に赤字削減に取り組んでいる(7月24日、マドリッドで緊縮策に抗議する人物)=ロイター

 この1週間で経済のファンダメンタルズに利回り急上昇を正当化するような何らの変化があったわけではない。先週末からバレンシア州やムルシア州が相次いで中央政府への支援申請に動き、経済規模が大きく独立志向の強いカタルーニャ州なども後に続く見通しとなったが、それでも支援規模は取るに足りない。地方政府を支援する目的で設立された総額180億ユーロの緊急融資基金をすべて活用しても、スペインの国内総生産(GDP)の2%にも満たない。

 さらに、国債利回り上昇には技術的な問題がある。1つは夏場で取引量が減っているため、トレーダーの売買の影響が増幅されること。そのうえ取引の仕組みも負の連鎖を生みやすい構造を持っている。利回りが上昇すると追加担保を要求されるため、当該国債を保有する魅力が薄れるのだ。いずれも債券市場の構造的欠陥であり、スペイン経済や同国政府の経済政策の不備ではない。

 しかし、ラホイ首相の政権は市場から不当な扱いを受けていると訴えるべきではない。不運な結果はつきものだ。政治のリーダーシップとは手持ちのカードでいかに上手に戦うかということだ。ラホイ氏は昨年12月の首相就任時には経済面で不利なカードを積まれていたが、予想以上にうまく難局に対処してきた。一方、政治の面では他のユーロ諸国の指導者よりも有利なカードを持っていたにもかかわらず、失策に次ぐ失策でエースの札を手放してしまった。

■政治のリーダーシップへの信頼回復を

 スペイン政府は銀行再編、財政再建、労働市場改革といった経済政策でほとんどのユーロ加盟国より多くの努力をしたが、同国の抱える問題は他の国よりもずっと深刻だ。銀行システムの問題処理は道半ばだ。ユーロ圏がスペインの銀行部門への直接支援を決めたことは非常に大きな意味を持つ。しかし、無担保優先債券の保有者も対象とした債務減免など更なる方策を検討すべきだ。一方で、政府は不可解なほど性急に赤字削減に取り組んでおり、欧州委員会や多くのスペイン国民がもっと緩やかな削減を求めても方針を変えていない。

とはいえ、全体としてスペインは正しい政策を進めてきた。債券市場のパニックを引き起こしたのは、経済運営の失敗ではなく、政治の不始末だ。ラホイ首相率いる国民党(PP)は前回の選挙で、国民から改革の負託を受けて地滑り的勝利をおさめた。しかし、その強みは、ちぐはぐなメッセージ、緊縮策への下手な政治的アプローチ、銀行破綻の不公平な影響などを通じて徐々にむしばまれ、有権者や地方政府、諸外国、世界の投資家の離反を招いている。ラホイ氏は今すぐ政治のリーダーシップへの市場の信頼を回復しなければ、永遠に取り返すことはできないだろう。

■銀行部門への取り組み強化が必要

 ユーロ債務危機への対応のまずさはスペイン政府だけの責任ではない。投資家は、ユーロ圏に共通の目標が欠けていることを不安視している。銀行同盟を目指す動きはこの期待に沿えるかもしれない。しかしこれまで出だしで失敗を重ねてきたため、投資家は計画が実現するのを目で確かめるまで納得しないだろう。

 それを待つ間、政府は引き続き政策を遂行する一方で、銀行部門への取り組みを強化する必要がある。国債利回りが高止まりしても、スペインは当分の間は耐えられるだろうから、利回りがどの水準を超えると危険かといったジンクスを簡単に信じてはいけない。

 救済ファンドに銀行ライセンスを供与するもの有効な策だ。しかし、パニックへの最善の対抗策は市場の不安を取り除くことだ。スペイン政府の政治手腕の高さと欧州連合(EU)の決断力を示すことができれば、事態は大きく変わるだろう。

(c) The Financial Times Limited 2012. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

 

2012/7/25 14:00

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV25002_V20C12A7000000/

 

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in economists, Recession, World economy and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s