米国株、続伸で始まる ダウ25ドル高 IBM高い、雇用は重荷

【NQNニューヨーク=川内資子】19日の米株式相場は3日続伸で始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、前日比25ドル05セント高の1万2933ドル75セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同21.74ポイント高の2964.34で推移している。前日夕に四半期決算と同時に利益見通しの上方修正を発表したIBMが上昇し、相場を押し上げている。ただ、朝方発表の週間の新規失業保険申請件数が前週比で市場予想を上回る大幅増となったため、米労働市場の回復が鈍いとの見方が改めて強まり相場の上値を抑えている。

 IBMは3%あまり上昇。1銘柄でダウ平均を約50ドル押し上げている。前日夕に発表した決算や業績見通しを受けて、先行きの収益拡大への期待が高まった携帯電話向け半導体大手のクアルコムも大幅に上昇。決算が市場予想を上回った電子商取引・決済大手のイーベイは急伸。5四半期連続の赤字決算ながら、赤字幅が市場予想ほど拡大しなかったフィンランドの携帯大手ノキアの米預託証券(ADR)も急伸している。

決算は黒字に転じたが1株利益が市場予想に届かなかった保険大手トラベラーズはもみ合い。

一方、四半期決算が大幅減益となり、特別項目を除く1株利益が市場予想を下回った金融大手モルガン・スタンレーは下落。決算で売上高と1株利益がともに市場予想並みとなった通信大手のベライゾン・コミュニケーションズは利益確定売りに押されている。総収入から利払い費を引いた純収入が市場予想ほど伸びなかったクレジットカード大手のアメリカン・エキスプレス(アメックス)は大幅に下落している。

2012/7/19 22:57

http://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXNAS3LANY01_19072012000000

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in globalization. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s