三井住友銀が人民元建て預金 メガバンク初、23日から

三井住友銀行は、個人向けに人民元建て外貨預金の取り扱いを始める。法人向けには人民元建ての融資を始め、毎日の取引レートをドルやユーロと同じように公表する。6月に円との直接取引が始まったのを機に、人民元建てのサービスを広げる。

メガバンクでは初となる人民元建て預金は、23日から受けつける。普通預金と定期預金(最大1年)があり、1年ものの定期預金の金利は年1%超を見込む。ただし、預けている期間中に円高になれば、元本割れの恐れもある。将来的な人民元の値上がりを予想し、人民元建てで預金したいという声が多かったという。

人民元取引は、中国からの持ち出し規制などが障害だったが、2010年に香港でオフショア(非居住者向け)市場ができ、今年6月には東京市場で円と元の直接取引ができるようになった。このため、一般からの預金にも対応できると判断した。

2012年7月15日19時15分

http://www.asahi.com/business/update/0715/TKY201207140619.html

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in Banking, Economy. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s